9月に入り、夜になると急に冷え込むようになってまいりました。
まだ8月だから・・・と8月末のちょい冷えの時にもセントラルヒーティングを我慢していたけれど、流石にもう寒くて我慢できない。
とうとうセントラルヒーティングをオンにしてしまいましたよ。 

そして・・・韓国スーパーに行ったときに買っておいた「スンドゥブ用のお豆腐」がようやく日の目を見ることになりました!
寒い日には、あったかーいチゲですよね。

スンドゥブ豆腐

こちらがスンドゥブ用のお豆腐


充填タイプの柔らか〜いお豆腐、お箸で持つのが難しいくらいの柔らかさ。
お味噌汁に入れたり、冷奴で食べるのはあまりおすすめしませんー。
なぜかって?
大豆の味があまりしないので、お豆腐自体の味を楽しむというより、スープの味を染み込ませた方が美味しいのです。そう、やはりこのお豆腐はスンドゥブチゲで楽しむのが一番! 


スンドゥブチゲ1

スンドゥブチゲの仕上げ中
 

大きな土鍋で人数分を作ってもいいのですが、辛さの好みが違うので我が家ではひとりずつトッペギで作ります。
しばらくグツグツと煮込んで(←ここポイント!)、卵を落とし、ネギを散らしたら完成です。
卵が半熟の状態で火を止めて崩しながら食べるのがおすすめ。
トッペギは保温効果が高いため予熱で火が入るので、早めに火を止める必要があります。


スンドゥブ2
 
 スンドゥブチゲの完成〜!
ハフハフ言いながら、いただきまーす。